朝食にあるものを食べて仕事の効率アップ

私は朝食のメニューには、必ず果物を加えています。
デザートのようなイメージですが、私にとっては、こちらがメインの食事という感じです。
パンやご飯などの炭水化物を食べないと、空腹で力が出ないのでもちろんいただきますが、こちらは時間が無ければ、カロリーメイトなどで代用することもあります。
以前何かのテレビ番組で「朝の果物は金」という、朝食時で果物を食べるということの大切さを知りました。
夜の長い睡眠中に空腹になった状態の後なので、ビタミン類の摂取の効果としては、朝に取ることが一番体の為になるという話です。
そのために、身体に大変良いので欠かしたくないとの思いが強くなりましたが、どこかで習慣づけておかないと怠りがちになりそうでした。
そこで「朝に少しでも何でもいいから果物を食べる」とさえ決めておくことにしました。
バナナでもみかんでもキューイなど種類にこだわらず、あまり悩まずに手軽に普段の買い物で時々買っておけばいいので、苦にならずに続けられました。
食べなかったころに比べると、やはり体が満足しているような朝の状態を感じて、特に午前中の仕事が気分よくできるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>