狭心症予防にはジョギングが効く

TBSで毎週日曜日の朝7:00放送の、
健康カプセル!ゲンキの時間という番組をときどき見るのですが、
この日は狭心症についてでした。

あまり関係ないかな…などと思っていたのですが、
予防になるとのことで、ゲンキリサーチャーの木本武宏さんが「その場ジョギング」を勧めていたのです。
鼻歌が歌える程度で気軽に行うのがポイントで、トータル一日30分以上になると効果的とのことでした。
これなら私にもできるわ!と
その日から最初は5分…少しおいて今度は10分とトータル30分になるように頑張ってみました。
なかなかトータル30分の時間が取れない日もありますが、テレビを見ながら「その場ジョギング」を始めてみました。
何だか、体がほぐれるような感じで、体が軽く感じるようになりました。
なぜ良いかというと、有酸素運動をするとNO(一酸化窒素)の分泌を高めるらしくNOは、血管を押し広げ血流を良くする働きがあるからだそうです。
狭心症などの心疾患は、日本人の死亡原因の第2位なのだそうです。私が始めた理由は、運動不足で体重がアップしてしまいジョギングウエアを買って、休日に運動公園に行こうかなと思っていたところだったので
その場のジョギングなら、時間とウエア代の節約になる!
と思ったからなのでした。
お忙しい方には、少しだけおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>